お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

登録者の声

母国のイギリスで、ワークライフバランスを保ちながら働けるフリーランスの翻訳者は、自分にとても合う働き方です。

日本に10年ほど滞在して翻訳者としてのキャリアを積んだ後、母国イギリスに帰国して活躍する英語翻訳者のスティーブン・ケントさんにお話を伺いました。

以前はどの様なお仕事をされていましたか

東京で英語教師として働いていました。

I used to work as an English teacher in Tokyo.

現在の雇用形態で働こうと思った理由を教えてください

私はワークライフバランス志向で、在宅で働くことで通勤時間が省略できるので、フリーランスであれば自分の時間が増えるし、より自分に合う形態だと思いました。

I am very oriented towards achieving a good work-life balance, so I thought that
if I worked freelance I would be able to have more free time as it means you can
avoid spending time commuting, which would suit fine.

仕事を探す際に重視していたポイントを教えてください

もともと言語に興味があったので、一所懸命勉強して身に付けた日本語能力を試させてくれる仕事を探していました。

I had been interested in languages for a long time, so I wanted to find work that  enabled me to try out my Japanese, which is something that I had worked hard to learn.

今の仕事に決めた理由を教えてください

翻訳という仕事は気取らずに作業に集中できますし、パソコンとインターネットさえあればどこにいても出来るものなので、自分が勉強したことを活かした、将来性と柔軟性もある仕事になるのではないかと思い、翻訳業界に入ってみることにしました。

With translation work you can just be yourself and focus on the work at hand, and as long as you have a computer and the Internet you can do it from pretty much  anywhere. So I thought translating would allow me to utilize something I had       learned while offering future prospects and flexible working style, and that’s why I decided to try my hand in the industry.

仕事における典型的な一日の流れを教えてください

毎日アラームが朝7時になり、7:30に仕事を開始しています。8時半ぐらいに朝食を取り(ほぼ毎日トーストを食べています)、13時ぐらいまで翻訳を続けます。ランチを食べた後に一旦翻訳作業を再開して午後15時半ごろの仕上がりを目指しますが、最近娘が産まれたためオムツ替えやミルクを手伝ったりしながら案件を進める場合があるので、終業がその目標より大いに遅くなることもあります。

After my alarm goes off at 7am I am in front of the computer and ready to start   translating by 7:30am. I have my breakfast at around 8:30am (mainly toast), and continue translating until around 1:00pm. I then go back to translating and aim to finish at around 3:00pm, but I’ve recently been blessed with a daughter so
helping out with nappy changing and feeding sometimes means that I miss this
target by quite a large margin.

翻訳をする上で大切にしているポイントはなんですか

私の仕事の成果物は人に何かを伝えるものなので、それを念頭に、出来るだけ効率よく、そして違和感なく伝わるように原文を訳すことを心がけています。ポイントは、ネイティブが読んでもおかしいと感じない訳文にすることですが、そうするには乗り越えないといけないバリアーがたまにあります(下記参照)。

My work is meant to convey meaning to people, so I always keep this in mind and try to create translations that efficiently and naturally convey whatever is
supposed to be conveyed. I focus on trying to make my translations as natural as possible for native speakers, but there are sometimes a few barriers in this
process (see below)

翻訳と言う仕事の大変さはどんなところで感じますか

英語に対する誤解による困難を解消することが大変です。ネイティブの人が自然と感じる英語と、ノンネイティブの人の英語に対する感覚にはやはり相違があるので、自分が満足する形に訳文を仕上げて納品しても、場合によって先方のほうでネイティブにとっては奇妙な表現・使い方に直されて、そして私がその修正確認を依頼されることがあることです。その場合、元に戻すか別の提案を受け入れてもらうように説明する必要があります。その際に翻訳者から英語教師になってしまった気持ちになりますが、結果、良質な翻訳になればやり甲斐があると感じます。

One of the things I find most difficult is dealing with misconceptions about certain aspects of English. The things that feel natural to an English speaker are often
quite different from what non-native speakers learn, so in some cases, despite
submitting translations that I am quite pleased with I have to deal with requests
for unnecessary modification or the inclusion of somewhat unnatural expressions.
In such cases all I can do is try to explain why I wrote somethingthe way I did,
or to try to explain things in such a way that the customer accepts a translation
that is different from their suggestion. It kind of makes me feel like I am back to
being an English teacher, but if it results in a good translation being produced
then the effort is worth it.

嬉しかったエピソードを教えてください

何年も前の話ですが、上野にある有名なお菓子屋さんの翻訳案件を引き受けたことがあります。そこに載っていた「大福」や「饅頭」の写真がすごく美味しそうで、説明文を翻訳する工程で好奇心が湧いて食べてみたくなったので、訳文を納品した数週間後にお店を実際に訪ねてみました。そこで、私が訳した文章が飾ってあるばかりか、そのお店を訪問したのをきっかけに人生が変わったといえるほど餡と餅という物のコンビである大福が大変美味しく、その良さを知って本当にうれしかったです。
ただ、唯一悔しい点は、お客様が、翻訳の対象外だった「大福」という単語を「BIG HAPPY」と自分なりに訳して、私の訳文のタイトルとして使ってしまっていたところです。(苦笑)

Many years ago I took on a translation from a well-known confectionary store in
Ueno, Tokyo, and the photos in the project made the daifuku and manju sweets
look so good that after the translation was finished I decided to pay a visit to the
store. I found that not only was my translation displayed in the store, but that the
products were indeed as delicious as they looked in the photos I had seen.
From that day on I fell in love with daifuku, and I think it’s fair to say my life has
been better ever since! However, there was one small frustrating thing, and that
was the customer taking it upon themselves to translate the work “daifuku” as
“big happy” and use it as the title for my translation .

自分の成長を実感出来た体験はありますか

ある政府系機関の翻訳をする機会が以前よくありました。ある日その機関が私を翻訳者として指名して翻訳会社に依頼をしてきたのに、他の案件が多発して対応が不可能で断ったところ、どうしても私に訳してほしいということで私が対応出来るように私のスケジュールに合わせて納期を調整してくれました。その時に自分の翻訳者としての成長を実感しました。

There was a period in which I was doing a lot of translation for a certain
government agency, and one day they actually placed an order through the
translation company specifying me personally as the translator they wanted.
When I said I was busy with other projects and was unfortunately unable to
take on the project the customer actually rearranged the schedule to
accommodate me so I was able to do the translation for them.
I guess that’s when I realized how much progress I’d made as a translator.

どの様な人が向いている仕事だと思いますか

端的に言えば引きこもりです(笑)。長時間家にいてパソコンの前に座れる性格でないとフリーランスの翻訳という仕事は無理だと思いますが、通勤ラッシュが避けられるので、満員電車や混んでいる道路がいやという人にとって理想的な仕事形態といえるでしょう。

Basically, this is a great job for people who don’t like to leave the house very
much! If you aren’t the type of person who can spend a lot of time sitting in front
of your computer at home then freelance translating probably isn’t the job for
you,but if you hate rush hour and don’t want to deal with packed trains and
busy roads anymore then it’s a really great way to work.

吉香を知ったきっかけはなんですか

以前の仕事で一緒に働いていた同僚の方に、私が翻訳の仕事を探そうと思っていることを伝えたら「吉香という翻訳会社に友人がいるので紹介してあげるよ」と言われたのが吉香様を知ったきっかけです。

When I told a colleague who I used to work with that I was thinking about looking for a job as a translator, she told me she had a friend who worked at a company
called Kikko that did translations, and that’s how I found out about the company.

吉香の第一印象を教えてください

第一印象は自分の当時の能力よりレベルが高い会社という印象を受けました。その時の自分は翻訳の経験がまだ浅くて、吉香様が求める品質の翻訳を出せるかどうか全く自信がありませんでした。

The first impression I got was that I probably wasn’t good enough yet.
The company seemed really sophisticated and professional, so as I was still a
newcomer to translation I had no confidence that I would be able to produce
work of the level that Kikko would expect.

ケントさんが感じる吉香のイメージを教えてください

第一印象の通り、レベルの高い会社だと思います。総理官邸の隣にオフィスを持っているだけあって吉香様の皆さまはとてもプロフェッショナルで、翻訳者に無理なお願いをせず効率よく仕事をしているというイメージを持っています。

It fits my first impression – I think it is a sophisticated and professional company, as you’d expect from a company located next to the Prime Minister’s residence!
I feel the staff are professional and reasonable in their dealings with translators,
and that they are efficient in the way they go about their work.

コーディネーターとはどのような話をしますか

コーディネーターとは主に案件について話しますが、皆様はとても丁寧で親切に接してくれています。

I mostly talk to the coordinators about translation projects, and they are always
friendly and polite whenever I communicate with them.

オフタイムは何をされていますか

先ほど触れたのですが、最近娘が産まれましたのですっかりイクメンになってオフタイムも忙しい生活を送っています。でも時間があればランニング、読書、映画鑑賞が好きなことですね。あ、そしてお酒とバー巡りが醍醐味です!

As I mentioned before, I have recently been blessed with a daughter so I am
very time-poor in my private life and I spend a lot of time looking after the baby.
However, if I do have free time then I really like reading, watching films, and
going running.
Oh, and I also really like going out for a few drinks and checking out new bars!

今後の目標を教えてください

漠然とですが、目標は効率を上げることです。始まりと終わりの時間を決めて、毎日仕事をきれいに終えるために、もっと効率的に作業が出来るようになりたいので頑張りたいと思います。

Although a bit vague, I guess my target with work at the moment is to increase
my efficiency. I’d like to set firm start and finish times and work efficiently
so that at the end of the day there are no loose ends.

吉香に、今後期待することはありますか

今後、吉香様に期待するのは、今までのように素晴らしいプロフェッショナル集団として翻訳業界で活躍し続けながら、さらに面白い案件を取ってほしいなと思います。

I just hope that everyone at Kikko keeps being the great translation industry
professionals that they are, and that the company can keep getting orders for
interesting translation projects.