お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

千葉県立小金高等学校にて、弊社登録通訳者がインタビューを受けました

2018年1月5日、千葉県立小金高等学校にて弊社登録通訳者・岩瀬かずみが高校の授業の一環として「職業人インタビュー」を受けました。
当日は生徒さんたちから、通訳者へ質問しながらインタビュー形式にて行われました。なぜ通訳という職業を選んだのか、仕事の難しさ、面白さ、やりがいといった事から始まり、学生時代にどんな勉強をしたのか、英語を学ぶことは将来どんな役に立つのか、現在生きた英語をどのように学んでいるのか、文化の違いでとまどったことはないかなど、非常に熱心に質問され、内容は多岐にわたりました。

途中、テレビ番組の話にもなり、海外で芸人さんがめちゃくちゃな英語で会話している話にも触れ、「言語はあくまでツールであって、人間はハート(魂)。コミュニケーション力が大事」、また「海外のほとんどの人たちは、皆さんと同じく英語を第二言語として学んでいる。決してネイティブではない。みな同じ条件なのです」という話もありました。

最後に岩瀬より、「どんなに機械やAI翻訳が進んでも人の心に勝るものはない。皆さんもおもてなしの心を育んでほしい」と添えました。
生徒の皆さんは非常に熱心に耳を傾けてくださいました。

今回このような機会をいただき、学校関係者の皆様方には深く感謝申し上げますとともに、弊社としても引き続き社会貢献活動に積極的に取り組んでまいります。

 

 

 

 

 

 

通訳者・岩瀬(中央)と生徒さんたち