お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

登録者の声

「この人とまた一緒に仕事がしたい!」と思われるよう常に全力投球

フリーランス歴2年、吉香への登録1年とキャリアは浅いながらもテレビ局からの絶大な信頼と圧倒的な指名数を誇る英語映像翻訳者・リサーチャーの齊藤 薫(さいとう・かおる)さんにその対応力の秘訣を伺いました。

テレビ局の翻訳やリサーチを中心にご活躍いただいておりますがこの仕事で一番大切だと思うことは何でしょうか

――絶対に「わからない」と言わないことです。依頼を受けてからテレビ局へ向かう間に担当予定のニュースや関連情報に目を通し、想定される質問にすぐに答えられる準備をして行きます。それでも分からないことがあった場合でも「あと5分だけください」と調べる時間をもらい、何かしら答えをだせるようにしています。「必ず答えてみせる」という私の意地もありますが、回答次第で番組で紹介される内容が増減することもあるので、どんなに些細な質問や疑問でもできる限り答えられるように意識しています。それでも情報がない場合は「わかりませんでした」ではなく「その情報はなかったのですが代わりにこのような情報がありました」と代替案をプラスして先方にはお伝えするようにしています。

齊藤さんはテレビ番組から安定した高い評価を受けていますがご自身でその理由をどう思われますか? 

――改めてお話するのも大変お恥ずかしいのですが、登録時から「指名を頂けるようにするにはどうすればいいか」を考えながらお仕事を受けていました。フリーランスで仕事をする以上、同じお仕事をしている方が多くいらっしゃるので、どうすれば差別化できるかは常に意識しています。またこの人と一緒に仕事をしたいと思われるような対応をいつも心掛けています。私がクライアントだったらという視点で依頼主の意向を汲みとり依頼された通りの内容を提出するのが100点だとしたら、110点、120点でお戻しできるように常に全力投球で頑張っています!

テレビの現場で大変だなと思うことは?

――とにかく現場のスピードが早いので依頼を受けてからの迅速な情報提供や翻訳のスピードにも心掛け、尚且つ的確な情報を伝えられるように意識して仕事をしています。

これまで吉香から依頼を受けた仕事で一番印象的だったものは何でしょうか、またその理由も教えてください

――朝の情報番組の特集で台湾のIT大臣のオードリー・タン氏のインタビューを通訳する機会がありました。インタビュー後にタン氏やアナウンサー含めた制作陣に「大変分かりやすい通訳だった」とのお言葉を頂き次の仕事へのモチベーションにも繋がりました。テレビは翻訳やリサーチだけでなくこういった著名な方へのインタビューの機会もありとても良い経験になります。翻訳ではナショナルジオグラフィックの映像翻訳を担当したことは今でも鮮明に記憶しています。大好きな動物関連の映像に携われてとても幸せでした!

 吉香を知ったきっかけを教えてください

――インターネットで「業務委託・映像翻訳」といったキーワードで調べたところ、映像だけでなく報道翻訳にも対応している吉香がヒットしました。すぐに登録依頼のメールをだし、その後迅速にトライアルテストのご案内を頂いたのを覚えています。

 フリーランスになるきっかけを教えてください

――元々20代のうちに独立したいと漠然とした目標があり、2018年に独立しました。フリーランスとしては翻訳を軸に仕事を探そうと考えていました。その中でも身近である映像翻訳や大学時代に学んでいたマスコミ関連の業務に携わりたいと思い、独学で映像翻訳を学び今に至っています。

 独学で映像翻訳を学んだとのことですがどうやって訓練されたのでしょうか?

――映画素材に自分で字幕を付けてみたりしながら言葉の言い回しなどを学びました。疑問に感じた点やわからないものは徹底的に調べ、自分なりの回答を考えながらスキルを習得してきました。

 フリーランスの仕事は時間が読めないことやスケジュール管理が大変ですがどのようにされていますか?

――当たり前のことですがダブルブッキングをしないように気をつけています。フリーランスは時間があるようでないのでしっかりと休息をとり体調管理に気をつけメリハリをつけて仕事をするようにしています。

 今後テレビの通訳や翻訳の仕事をしたい方へアドバイスをお願いします、どんな人が向いていると思いますか?

――放送翻訳、リサーチについては情報収集が得意で要約力が高い方が向いているのではないでしょうか。アドバイスできる立場ではありませんが、強いて言えば通訳や翻訳のジャンルが細分化されているので、明確にご自身の長所や短所を理解し、ご自身に合ったお仕事を探してみてください。また、好きな内容だとその分お仕事にも熱が入るので、「得意だから」と言う理由だけでなく「好きだから」という観点でお仕事に向き合えるとより次に繋がりやすくなるかと思います。

 最後に吉香の魅力、また吉香に今後期待することはありますか?

――吉香の魅力はやはり案件の多さやそのジャンルの広さにあると思います。報道からバラエティ番組まで幅広くカバーされておりお仕事を頂く度に新たな発見があります。

これからも沢山お仕事を頂けるよう頑張ります!