お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

事例紹介

外国人従業員の方の面接

仕事の概要

さまざまな国籍の方が働く企業で、外国人従業員の面接を行う際の通訳です。仕事に対する姿勢や適性をヒアリングします。一日に複数名まとめて行うこともあり、対応人数によって拘束時間も変わります。本社ではなく、実際に従業員の方が働く現場(事業所など)で行うため、場所によっては日帰りの出張となります。

場所

クライアントの各事業所

言語

ポルトガル語・ウルドゥ語 ほか

種類

通訳

担当者の声

外国人の方を雇う企業が増えています。採用される方々の国籍も多様化していて、面接でもさまざまな国の言葉が必要とされるようになりました。今後もこの流れは続くと思われますので、通訳者の皆さんの活躍の場も増えるでしょう。通訳した内容はその従業員の方の評価に直結しますので、細かなニュアンスも含め正確に訳すことが大切です。