お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

登録者の声

細く長く続けていきたい。年齢を重ねたほうが、上手にできる通訳もあると思うので。

家事や育児と両立しながら、20年以上韓国語通訳者・翻訳者として活躍する徐清香(ソ・チョンヒャン)さんに伺いました。

今のお仕事に就いた経緯を教えてください

大学生の時に、数年後のオリンピックを控えテレビ局が出していた「外国語の堪能な大学生通訳の募集」記事を見たことがきっかけでした。言葉を使う職業があることを知り、とても興味を持ちました。その試験を受けたところ合格し、3年間専属で通訳業務を行ったのがスタートです。その後大手新聞社などでも通訳を経験しましたが、第3子を出産後、家事や育児との兼ね合いもあり、フリーになりました。しかし、そのおかげで法律事務所での個人レッスンや、専門学校の通訳・翻訳コースの講師といった仕事にも恵まれました。

お仕事にやりがいを感じるのはどのような時ですか?

やはり、「いてくれて助かりました」のひと言が一番嬉しいですね。通訳の出来不出来はクライアントの態度を見ればすぐに分かるので、満足そうにされている時はホッとします。特に嬉しかったエピソードとしては、ある会食の通訳を担当した際、1人体制で休憩もなく、ご用意いただいた御食事にほとんど箸を付けなかった私に、社長が「今日は1日ありがとう、本当に助かりました」とおっしゃり、持ち帰り用のお弁当をご用意くださったことです。わざわざ別に注文してくださったようです。話が盛り上がると訳すのに必死で実際には食べたいとは思わないのですが、気遣っていただいて本当に嬉しかったです。

お仕事の大変なところがあれば教えてください

常に派遣先が違うことです。毎回、“はじめまして”なので、やはり緊張します。集合時間・拘束時間・会場も異なるので、間違えないよう何度もチェックします。大変な事ではなく気を付けている事としては、とても基本的な事ではありますが、まずクライアントに不快感を与えないこと。そして特に言葉遣いや態度、勝手に行動しない、遅刻しないなどです。

吉香に感じるイメージを教えてください

吉香は知人の紹介で知りました。もともとマスコミで通訳をしていたので、ニュースの通訳翻訳など、いろいろなテレビ局で仕事をできるところが魅力でした。実際に働いてみると、スタッフの皆さんが多方面でしっかりサポートしてくださるので、安心して仕事に集中できています。特に良い点は、現場にコーディネーターが必ずいらっしゃる点です。早朝や、深夜の仕事にも立ち会っていただいた時はまさかいらっしゃるとは思わず、びっくりしました。また、同じクライアントが長く続くことも、信頼されている証しだと思います。

 どのような人が向いている仕事だと思いますか

好奇心が旺盛な人、人づきあいが苦にならない人だと思います。

 仕事終わりやオフタイムの過ごし方を教えてください

手間がかかる料理を作ります。料理に没頭すると嫌なことも忘れるので。週末はママ友たちとウォーキングします。遊歩道をおしゃべりしながら10キロ歩きます。もう7年くらい続いています。それから年に1~2回の家族旅行です。

 お仕事で今後の目標があれば教えてください

大きな目標というより、歳を取っても細く長く続けていきたいと思っています。年齢を重ねたほうが上手にできる通訳もあると思うので。

 吉香に登録しようか迷っている方へメッセージをお願いします

今までと違うことをやってみたい、違う世界を見てみたいという方にお薦めします。好奇心が旺盛で積極的な方にピッタリです。新たな世界をどんどん切り開き、納得できる仕事がきっと見つかるでしょう。