お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

登録者の声

未経験でも飛び込んでよかった!それがテレビの仕事です

 吉香でのキャリアはまだ浅いながらもテレビ局の業務を中心に大きな存在感を発揮している韓国語映像翻訳者・リサーチャーの金光浩(キム・クウアンホ)さんにお話を伺いました。

金さんの日本語との出会いと通訳者になろうと思ったきっかけを教えてください

カナダに留学していた際に知り合った日本人の友人がいるのですが、その友人に会うために初めて日本を訪れました。初めは言葉が全く分からず、友人の両親ともコミュニケーションをとることが出来ず、とても惜しい思いをしました。その経験から日本語の勉強を始め、改めて日本に留学をしました。韓国へ帰国後は障がいをもった方々のアート活動をサポートする企業で働きました。仕事を通して日本はこういった活動の先進国であることを知り、同じ志のNPO団体と日韓交流をするプロジェクトを立ち上げ、リーダーとして通訳やコーディネートを担当し、日本のビジネススキルを磨いていきました。この経験が今の私の基盤になっていると思います。その過程で結婚したことをきっかけに日本へ移住し今に至ります。日本に来た当初は通訳以外の様々な仕事をしましたが、やはり自分の今までの経験やスキルを活かして韓国と日本の架け橋になりたいと思い、通訳の仕事を増やしていきました。

金さんはテレビの仕事は全くの未経験からのスタートだったとお聞きしていますが、この仕事に挑戦しようと思ったきっかけや始めて気づいた魅力などはありますか?

テレビの仕事を始めたきっかけは業界の先輩からの紹介でした。吉香のお話をもらった時はテレビの世界ってどういうところなのか全くイメージが湧かなかったので正直不安でした。またテレビの通訳、翻訳の仕事は放送に関わることなので大きな責任がありそれもまた更に不安でした。しかし実際に始めてみると、スピードと正確性、コミュニケーション力も問われ、緊張感もありとても刺激的な現場でワクワクしました。また未経験といっても翻訳、通訳の能力だけでなく現場での臨機応変さやコーディネートスキルも求められるので、これまでの自分の経験も充分に活かせたという点でも自分にぴったりな仕事だと今では感じています。

テレビ局の仕事を続けていく上で一番大切だと思うことは何でしょうか 心掛けていることやモットーにしていることなどがあればお聞かせください

まだテレビ局の仕事は駆け出しなので、立派なことは言えませんが、この仕事をする上で一番重要だと感じるのは、一個人の主観的な考えをださず、客観的に物事をとらえて正しい情報を伝えることに徹することだと思います。インターネットの情報は偏りがちになるので正確な情報を提供することがとても大切なんです。あとは番組制作側が何を伝えたいのか、どんな情報を求めているのかといったポイントをしっかりとらえ、常に確認しながら仕事を進めていくコミュニケーションも大事だと感じます。個人で作業を進めるのではなく通訳の自分も番組制作チームの一員だと思って業務にあたっていくことを大切にしています。

これまで吉香から依頼を受けた業務で一番印象的だった仕事は何でしょうか エピソードなどをお聞かせください

よく担当する生放送のBSの報道番組はいつも緊張感があり印象に残っています。通常はオンエアが始まる前にリサーチを終えることがほとんどですが、この番組はメインキャスターが番組制作に対して強いこだわりをもっていて、放送中も待機しつつ最新情報を追っています。速報やニュースバリューがあるものがはいってくると直ぐ様翻訳し、OAに提供できた時は、非常にやりがいを感じます。

吉香を知ったきっかけは同じ吉香の登録者からの紹介でしたね

はい。最初に通訳業を始めた頃はなかなか仕事が入ってこなかったので業界の先輩に相談したところ吉香を紹介してもらいました。実は紹介を受けたもののしばらくの間は自分の実力に自信がなく、テレビの通訳、翻訳という新しい仕事に挑戦することにすごく悩んでいましたが、日本語の勉強をし直し、満を持して吉香のトライアルテストを受けました。とても緊張しましたがあの時挑戦して本当に良かったです。

テレビや一般の通訳なども含めて、今後挑戦してみたい仕事や将来のビジョンはありますか?

今はまだコロナ禍が続いていて日韓の国際交流が止まっている状況ですが、すべてが収束し落ち着いた後は文化、教育などを通して日韓の交流に携わりたいです。政治的な問題など課題は多いですが、交流や対話によってより良い未来をつくっていけると信じています。韓国は一番近い国でもありますし、文化的にも習慣的にも似ている部分もあり、また違う部分は伝えていけるような役割を担いたいと思います。もちろん交流だけではなく、通訳者としても両国の橋渡しとして活躍していきたいですね。

吉香の魅力、また吉香に今後期待することはありますか?

メディアと世界を繋ぐ役割を担っていることが吉香の一番の魅力だと思います。いただく仕事は責任あるものばかりなので常に挑戦ではありますが、未知の課題を乗り越えていく楽しさもまた吉香から教えてもらっています。スタッフの皆さんの対応も丁寧で素晴らしいです。今後はテレビ局の仕事以外にも挑戦したいので吉香さんも様々な分野に挑戦していってくれたら嬉しいです!