お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

事例紹介

現職コーディネーターが教える!就職面接講座④

最後は面接後にしっかりと振り返りをしてほしいという事を書きます。
面接が進んでいくと、同じ内容の質問をされる事があります。これも一例ですが、面接当初から質問している内容(志望理由・今後のビジョンなど)を、面接官によっては違う表現や言葉で再度投げかけることがあります。それは今迄の受け答え内容の整合性を確認しているからです。

以前に私自身が受けた採用面接では、これが選考内容の一部でした。緊張していて何を話したか覚えていない」という方もいらっしゃると思いますが、可能な限り面接終了後に振り返って、メモを残しておくことをお薦めします。

今日の準備が明日の成功を引き寄せる

数回にわたり就職面接のポイントをお話しましたが、必ず次回の面接前に「振り返り」を実践し、受け答えの肉付け・ブラッシュアップを行ってみて下さい。もし「失敗したな」と感じても、振り返り、繰り返し考える事で問題点を修正出来ます。備えあれば憂い無し。しっかりと準備をして、面接に臨んで下さい。