お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

事例紹介

現職コーディネーターが教える!就職面接講座①

突然ですが、採用面接って緊張しますよね。実は、求職者の皆様と同様に、面接官も緊張していることがあります。人事担当者であれば面接を数多くこなしているので、スムーズな質疑応答ができるのですが、現場担当者(コーディネーターなど)は意外と緊張していてスムーズに質疑応答が出来ない場合もあります。つまり、お互い緊張している状況になる場合もあります。
今回のシリーズでは、面接で気を付けたいことをお伝えしていきたいと思います。

端的に答えることが大切

面接の場面では緊張して、質問への回答+αのことを話しがちで、そうなると自分の話している時間が長くなることに加えて、的を射ない回答になってしまうことがあります。
集中して人の話を聞ける時間は3分ぐらいが限界と言われていて、それは面接でも同じです。面接官からすると、「そこまでは聞いてないんだけど…」「話が長いな…」となったりします。簡単なことではないと思いますが、「質問への回答を端的に答える→理由を聞かれれば、その理由を伝える」というように、内容を区切りながらお話しされると良いかなと思います。
面接とはいえ、コミュニケーションの場ですので、就業中の方であれば普段の業務中に上司や同僚を相手にこのような話し方の練習(くせづけ)をしておいても良いかもしれません。