お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ハイブリッド会議の新たな世界で利便性と臨場感ある同時通訳を

最適な通訳形態をご提案します

ビジネス入国が緩和されたことにより、対面での通訳案件が復活してきております。またコロナ禍の副産物として進化し、今では当たり前となったオンラインの同時通訳と合わせて、いわゆるハイブリッド会議と呼ばれる会議形態も定着しています。ハイブリッド会議とは、会議場所に参加者全員が集まるのではなく、一部の参加者はオンラインで参加するというこのコロナ禍で生まれた全く新しい会議スタイルです。

DXの普及が加速する中、以前のように大がかりな機材を持ち込まずにシンプルな機器のみで実施できるようになったこともコロナ禍で生み出された知恵のおかげといっても過言ではありません。

一方で感染流行が落ち着いてくるに伴い、展示会やイベントなど同じ空間を共有する対面の通訳の意義もまた見直されつつあります。ハイブリッド会議のみならず、それぞれの強みを生かした「オンライン」「ハイブリッド」「リアル」を選択できる最適な通訳形態をご提案させていただきたい思っております。

以前のようにface to face で皆様とお会いできる機会が戻ってまいりましたことは、通訳者ともども本当に感慨深く思っております。今後も感染症予防対策はしっかり行った上で、通訳業務に貢献してまいります!


通訳・翻訳の事例紹介

一覧はこちら